髭との円滑なコミュニケーション方法はこちら

髭は生活に根差したもの

時代がどんなに変わっても、男に髭が生えることだけは決して変わりません。

いつの時代も髭は男と共にあるものなのです。

時には身を守る防寒具として、時には権力の象徴として、時には不潔の現れとして、時代の流れに合わせ、イメージを変化させつつも、常に男たちにとって良くも悪くも欠かせないものでした。

髭とは何なのでしょうか。
なぜ男だけに生えるのでしょうか。

それは誰にも分りません。

ただ一つ言えることは、髭が生活に根差したものであるということです。

何千年も昔から男の生活には髭の手入れが当たり前のように組み込まれていました。
それは今でも同じ。

だからこそ、髭と上手に付き合っていくことは男たちにとって、「たしなみ」と言えるでしょう。

円滑な髭との付き合いを心掛ければ、きっと人生もより良いものになるはずです。

それでは、髭の手入れの仕方や髭に関する豆知識など、髭との関係をスムーズにする方法をまとめていこうと思います。

肌を痛めない髭剃り

髭カット

きっちり深剃りしたいからと言ってT字剃刀で髭を剃る人がいますが、それは厳禁です。
肌を大きく痛めてしまいます。
肌を痛めると見た目が良くありませんし、傷口からばい菌が入り非常に不衛生。

確かに髭が濃いとなかなかキレイに剃れません。
しかし、髭の濃さに応じた適切な電気シェーバーを選べばその問題は解決します。

なるべく刃の枚数の多いものを選ぶことが重要です。
刃の枚数が多いほど肌への負担は減り、深剃りも可能になります。
また、その分刃の面積が広くなるので、髭剃り時間の短縮にもなります。

それから、ウェットシェービングに対応していることも重要。
髭は乾燥している状態だと、銅線と同じくらいの固さと言われるほど頑丈です。
お風呂や温タオルなどでしっかり蒸らしてからでないと、シェーバーの刃と肌に大きなダメージがかかります。

そして、忘れてはならないのが、アフターケアです。
髭剃り後の肌は大変敏感になっています。髭剃り後はなるべく早く化粧水や乳液で肌をケアしましょう。アフターケアがおざなりになると、肌荒れやニキビ、毛嚢炎の発生につながってしまいます。

肌を痛めない髭剃りのコツは、

・刃の枚数の多い電気シェーバー(5枚刃)を選ぶ
・髭をしっかり蒸らしてから剃る
・すぐにアフターケアする

これらを心掛けることで、髭が濃い方でも肌トラブルに悩まされないシェービングができるようになります。

髭との付き合いは一生もの。
適切なメンテナンスを日々行ないましょう。

髭を抑毛する

髭の濃い男

実は、「抑毛」という言葉は辞書には存在しません。
ですから、当然、パソコンやスマホで「よくもう」から変換することもできません。

でも、抑毛は今や誰でも知っている言葉ですよね。
多くの人が知っているけれど、実際には存在しない言葉。
不思議ですが、理由を考えてみればすぐに分かります。

その理由とは、「毛の伸びる速度を抑えること」なんて実際には不可能だけれど、誰もが「毛の伸びる速度を抑えたい」と考えているから。

つまり、現実と夢との違いと同じ…。
髭や体毛の濃さに悩む方にとっては残念な話ですが、仕方ありません。

とは言え、諦めるのはまだ早いのも事実。
毛の成長を抑えることはできなくても、毛の成長を正常にしてあげることで、結果的に、毛の伸びる速度を遅くすることはできるのです。

不健康な生活をしていると、毛は過剰に伸びます。
食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、日にほとんど当たらないなどなど、人間が本来あるべき姿とかけ離れた生活をしていると、体は異常をきたします。

それを改善するには、規則正しい生活とバランスの取れた食事、定期的な運動が欠かせません。これも誰もが知っているけれど、実際にはできていないことですね。

抑毛ローションや抑毛クリームにはまるで効果がありません。
お金と時間の無駄だと断言できます。
そんな付け焼刃な方法では、無意味です。

髭との円滑なコミュニケーションには、健康な生活をすることは必須の条件。
髭とうまく付き合うことは人生を豊かにすることでもあります。

髭脱毛をやってみる

髭脱毛しちゃいなよ

髭との関係が必ずしも、髭を伸ばしたり剃ったりすることとは限りません。

髭を脱毛してしまうことも、現代ならでは付き合い方です。

どんなにシェービングに気を遣い、健康な生活を実行したとしても、やっぱり髭の手入れが面倒であることに変わりはありません。
「時間の無駄」と考える人も少なくないでしょう。

そこで、思い切って脱毛してしまうのが、近年では常識になりつつあります。
脱毛と言えば、女性がするものという認識さえ古くなってからすでにだいぶ時間が経っているほど。

髭脱毛には主に、
・レーザー脱毛
・フラッシュ脱毛
があります。

男の髭の場合、レーザー脱毛が最も効果的です。
レーザー脱毛は医療機関でのみ行なえる医療行為。濃い髭であってもその効果は保証されています。

フラッシュ脱毛は無資格のスタッフでも行なえる気休めの脱毛法であり、髭にはまったく向いていません。

髭がもう嫌になった方、肌が弱くて肌荒れが慢性している方、髭剃りがとにかく面倒な方は、レーザー脱毛してしまいましょう。

髭脱毛について知りたい方はこちら

【ヒゲ脱毛で後悔しないプラン】髭は医療レーザーでスッキリ!