髭の豆知識~肴にどうぞ~

髭を制する者は人生を制する!?

この世界には当たり前すぎて、逆に知らないことってけっこうありますよね。

空と海が青いのはなぜか?とか、性別がなぜ男女に分かれるのか?とか、埃ってなぜ積もるのか?とか。

男に生える髭もそう。
当たり前に生えるせいで髭についてはほとんど知りません。

髭について知ったからと言って、特に何かある訳でもありません。
せいぜい話のネタになるくらいでしょう。

でも、決して損はしません。

髭の特性を知ることで、毎日の髭剃りや髭の手入れが効率的に効果的になる可能性があります。

むしろ、髭についての知識は男として当然知っておくべきことなのではないでしょうか。

髭の知識を蓄えて、ほかの人よりちょっとだけ有利になりましょう。

髭の雑学

1.「ヒゲ」には生える場所によって漢字が3種類に分かれています

鼻下に生えるヒゲは、「髭」(基本的にはこれ)
頬に生えるヒゲは、「髯」
顎に生えるヒゲは、「鬚」

2.髭には神経がなく、ケラチンというたんぱく質が主成分

しかし、食べても分解されないので栄養にはなりません。

3.髭の本数は、平均して2万本~3万本

これは人によって差異が大きいでしょう。
ちなみに髪の毛は平均10万本と言われています。

4.髭が1日で伸びる長さは、平均して0.2㎜~0.4㎜

季節や時間帯、個人差はあります。
髪の毛は0.3㎜~0.4㎜。

5.髭が一番伸びるのは、午前6時~午前10時の間と9月

春から秋にかけて成長が著しくなり、冬は遅くなります。

6.髭の硬さは銅線と同じくらい

そのため、よく蒸らしてから剃らないと、剃刀やシェーバーの刃がすぐダメになってしまいます。

7.健康な人ほど髭にツヤができる

これは髪の毛も同じですね。
表情や雰囲気などにも影響します。

8.髭を剃ると濃くなるというのは勘違い

髭の先端は尖っていて表面積が小さいですが、剃ると表面積が大きくなり濃くなったように見えるのです

9.髭は性毛と呼ばれます

胸毛も性毛です。
髪の毛やまつ毛や眉毛は無性毛。

10.シェービングフォームは弱酸性のものが良い

人の肌も弱酸性なので、同じくらいのpHのものを使うと安心です。